ロウリュウ初体験

毎日暑いですねー。
今年の夏は、お盆期間は出勤することになった代わりに、その前後が4連休になりました。
今、その前半の連休の真っ最中です。
毎日とても暑いので昼間は家に引きこもっているし、旦那サマは夏季休暇に入ると同時に登山旅行に行ってしまったので、かなりマイペースに過ごしています。
前々から気になっていた東京ガスの料理教室の予約をしたり、お友達に手紙を書いたり。あと、カロリー計算してダイエットしたり。
そんな感じで過ごしています。

昨夜は近所の温泉に行ってきました。
うちから車で15分ぐらいのところにある、かんなの湯というところ。
想像していたより大きくて綺麗なところでした。

IMG_3597.JPG

IMG_3599.JPG

IMG_3600.JPG

IMG_3602.JPG

IMG_3606.JPG

私が着いてすぐ、今からロウリュウが始まりまーす、ご希望の方はサウナの前にどうぞー!と、案内がありました。

ロウリュウとは…

サウナストーンにアロマを含んだ水をかけることで蒸気を発生させ、大ウチワで仰ぐことにより香りと熱風を送り、一気に発刊を促すフィンランド発祥のサウナプログラムのこと

だそうです。
時間にして5分ぐらい。

せっかくなので入ってみたら、すでにサウナの中がとても暑い!空気が熱い!
これはやばい。すぐにタオルで顔を覆って、はみ出ている耳が熱いので髪の毛で隠しました。もう途中で出ようかと思うぐらい熱かったけど、私よりも年配の人も、私より若い女の子も耐えているので、私も頑張ってみることに。

係の人がサウナストーンに水をかけるとシュワーッと水蒸気が出てきて、さらに空気は熱くなって、その熱い水蒸気を特大ウチワでこっちに向かって扇いでくれます。ヨイショヨイショヨイショヨイショヨイショ~♪という掛け声とともに。

熱いってば!!!!!!!

そして最後に、ひとりひとりを数秒ずつ扇いで、熱風をかけてくれて!!!
やっと、ロウリュウ終了です。
アロマ水は、なんとかミントの香り…と説明があったけど、そんなの忘れました。

サウナを出て汗を流した後、涼しい露天風呂に行って身体を冷やそうと思ったのに、露天風呂も蒸し暑くてショック。
仕方ないのでシャワーのある鏡の前に戻ってきて鏡を見たら、両肩と腕が真っ赤になって松阪牛の霜降りのような模様が浮き出ていて、とてもとてもビックリしました。
私は普段サウナにも入らないので、やばい、ひょっとしてこれは失敗だったかな?私にはロウリュウは合わなかったかな?と思ったけど、家に帰ってみたら模様は消えていました。よかったー!!

いろいろ大変だった?けど、ロウリュウって時々ポスターとかで見かけるので興味はあったので、体験できてよかったです。
ちょっとお肌スベスベになったような気もします
ロウリュウのおかげかどうかは分からないですけどね!??

IMG_3604.JPG

そうそう。
かんなの湯というのは、この温泉のすぐ近くを流れる川の名前が由来なのだそう。

IMG_3616.JPG

神流川(かんな川)、群馬県と埼玉県の県境になっている川です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mugean
2019年09月14日 00:09
お元気そうで、相変わらず健啖ぶりを保ち好奇心の塊を構えて、素晴らしい行動力を発揮して居られますね😊
初めてお目文字致します。webryblogの頃から読ませて戴きましたが、当方に訳あってPCをretireしてガラケーからスマフォにコンバートして約1年経過。久し振りにI'mhereにアクセス。変わらぬお姿に感激してコメントしてます。mugean
nao
2019年09月22日 14:58
mugean様、はじめまして。コメントありがとうございます。ずっと見てくださっていたなんて嬉しいです。最近このウェブリブログの仕様が大きく変わってしまって、少し遠のいていました。これからも細々と続けていきたいと思います^^